ネット予約

東京都練馬区にある予約制の永広歯科

西武池袋線 練馬駅近く!患者様に信頼され、患者様の気持ちを第一優先にした極力痛みの少ない治療を行います。

HOMEブログページ2021年 ≫ 1月 ≫

2021年1月の記事:ブログページ

ブリッジの歯式(練馬の歯医者、永広歯科)

ブリッジとは、歯の抜けてしまった部分の1本前の歯と1本後ろの歯を削って、
3本分の連結した歯を作り、被せていく方法です。
抜けてなくなった部分の前後にしっかりとした歯が残っていることが必要です。

3本分のブリッジを支える中に入っている歯のことを支台歯といい、歯式では歯の番号を〇(丸)でかこみます。
例えば、手前から2番目の歯が抜けてしまって、手前から1番目の歯と3番目の歯と支台歯として
3本分のブリッジを作ったとすると、ブリッジの歯式は①2③になります。
これが右上の場合は③2①」、左上の場合は「①2③です。

 
【ブリッジ(セラミック)】
DSC_0312_コピー_コピー

【ブリッジ(半分金属)】
DSC_0313_コピー_コピー

【イラストと歯式】
           (歯式は左下を表す)
DSC_0314_コピー_コピー DSC_0315_コピー_コピー

 

 
2021年01月19日 10:20

ブログカテゴリ

月別ブログアーカイブ

2021 (1)

モバイルサイト

永広歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら