ネット予約

東京都練馬区にある予約制の永広歯科、22:00まで営業中
 

西武池袋線 練馬駅近く!22:00まで診療中!患者様の気持ちを第一優先にした極力痛みの少ない治療を行います。

HOMEブログページ ≫ 歯式について(練馬の歯医者、永広歯科) ≫

歯式について(練馬の歯医者、永広歯科)

歯式とは、歯のはえている場所を示す言葉です。
左右上下を区別するため、最初に右上、右下、左上、左下を書きます。
歯式は、患者様と対面して記載することを前提にしているので、向かって右側の歯は
患者様自身の左の歯、向かって左の歯は患者様自身の右の歯となり、左右逆転して書きます。

左右上下の次に、口の中の何番目にある歯なのかを書きます。
永久歯の場合、口の中の一番前にある歯の左右1対を1(番)、2番目にある歯の左右1対を2(番)、
3番目にある歯の左右1対を3(番)というふうに書きます。

(永久歯は全部で28本です。)

 
【図】
右上
7 6 5 4 3 2 1
左上
1 2 3 4 5 6 7
右下
7 6 5 4 3 2 1
左下
1 2 3 4 5 6 7


乳歯は1番前にある歯1対をA、2番目にある歯1対をB、3番目にある歯1対をC…というふうに
書きます。乳歯は全部で20本です。
【図】 
右上
E  D  C  B  A
左上
A  B  C  D  E
右下
E  D  C  B  A
左下
A  B  C  D  E

口の中に最初にはえてくる乳歯は、A(乳中切歯)で、生後6か月~7か月ではえ始めます。
A→B→D→C→Eの順番にはえてゆき、20本の乳歯がはえそろうのは3歳前後です。

最初にはえてくる永久歯は、1又は6(6歳臼歯)です。永久歯の萌出(ほうしゅつ)順序は、
上顎では6→1→2→4→3→5→7、下顎では6→1→2→4→3→5→7です。
下顎の1が最初に萌出することが多くなってきています。12歳前後で親知らずを除いた
28本の永久歯がはえそろいます。


では実際に歯式で書いてみると・・・

【①1本を歯式で書くとき】
DSC_0308_コピー_コピー


【②上顎・下顎14本をそれぞれ歯式で書くとき】
DSC_0308_コピー_コピー

【③全顎28本を歯式で書くとき】
DSC_0308_コピー_コピー

という表し方になります。参考にして頂ければ嬉しいです!!
最後まで読んで下さりありがとうございました。(^^)/

 
2020年11月30日 15:11

ブログカテゴリ

モバイルサイト

永広歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら